しこちゅ~民が発信ちゅ~!しこちゅ~の魅力を大公開!クリック!

【乳児湿疹】頭がザラザラに!いつから始まっていつ治る?

悩む人

乳児湿疹(新生児ニキビ)の治る過程を教えてほしい
乳児湿疹の予防・改善はどうしたらいいの?

上記のお悩みを解決します。

本記事の内容
  • 乳児湿疹の治る過程(1ヶ月)
  • 乳児湿疹の原因と予防方法
  • ドルチボーレのレビュー
  • 沐浴の仕方
本記事で悩みを解決できる根拠
  • 長男が1か月のときにひどい乳児湿疹になりましたが、ドルチボーレで改善傾向に!
  • 次男は本記事リライトしているときで1歳ですが、乳児湿疹になったことがありません!
本記事を読んで欲しい人
  • 乳児湿疹で悩まれている方
  • これから出産予定の方
本記事を読むメリット
  • 乳児湿疹を予防・改善することが期待できます
  • 沐浴の仕方が分かります

それでは、本題に入ります。

スポンサーリンク
目次

乳児湿疹 いつからいつまで?

結論

結論です。

長男は、乳児湿疹が生後1ヶ月~始まりました。

そして、生後2ヶ月頃には乳児湿疹はキレイに治りました。

症状が一番ひどかった時期は『生後1ヶ月1週目』です。
顔だけでなく頭にまで”かさぶた”ができてザラザラになっていました。

眉毛のところも、黄色い”かさぶた”ができて血がにじんでいました。

ポイント
  • 乳児湿疹は生後1ヶ月~2ヶ月頃に経験した
  • 一番ひどい時期は生後1ヶ月1週目

親として本当に辛かったです、痛々しすぎて。

初めての赤ちゃん✕頼れる家族もいない=どう対処していいのか分からない

ばらもん。

乳児湿疹の発生し始め~悪化~改善までの流れを写真でご紹介します

私たちが乳児湿疹対策で使用したシャンプーは『ドルチボーレ』です。

2015年12月29日(生後1ヶ月)

ほっぺたに赤いポツポツが出始めました。

軽く考えていましたが、これが悪夢の始まりでした。

2015年12月31日

ほっぺたのポツポツが目立つようになりました。

おでこにもポツポツが出始めました。

2016年1月4日

一気に眉間に乳児湿疹の”かさぶた”が誕生しました。

とても痛そうです。

2016年1月7日

眉毛の横にまで乳児湿疹の”かさぶた”が伸びてきました。

どんどん、悪化する一方です

2016年1月8日

おでこと眉毛のところの乳児湿疹の”かさぶた”が痛々しいです。

血もにじんでるよ・・・

2016年1月10日(ドルチボーレ使用開始)

ドルチボーレを使用開始しました。

2016年1月11日

ほっぺたの乳児湿疹は引いてきました。

しかし、おでこの”かさぶた”は相変わらずです。

2016年1月12日

全体的に乳児湿疹の赤みは引きました。

2016年1月13日

ほっぺたの乳児湿疹は落ち着きました。

頭には”かさぶた”が残ったままです。

2016年1月16日

眉毛のところの”かさぶた”を取りました。(方法は後述しています)

2016年1月22日

おでこの乳児湿疹が落ち着きました。

2016年1月26日

ほっぺたの乳児湿疹はきれいに無くなりました。

肌ツヤも良いです。

ドルチボーレを使い始めて、約2週間で乳児湿疹は改善傾向に!

2016年2月2日(生後2ヶ月目)

おでことほっぺたの乳児湿疹は完全になくなりました。

乳児湿疹が、完全に治るまでに約1ヶ月かかりました。

乳児湿疹 なぜ?

どうしてこんなに乳児湿疹がひどくなったのかなぁ?

このような疑問を持った私たちは調べました。

たどり着いた結論は、以下の4つ。

要チェック
  1. すすぎ残しがあった
  2. 沐浴スキルが低かった
  3. シャンプーが肌に合っていなかった
  4. 沐浴後の保湿ケアが足りていなかった

これら4つが原因だったと確信しました。

ちなみに、このとき長男(1ヶ月)の枕はびっくりするくらいの加齢臭がしていました。(古い油の匂い?)

乳児湿疹 早く治すには?

手順、方法

先述しましたが、下記の4つが乳児湿疹の原因だと確信しました。

要チェック
  1. すすぎ残しがあった
  2. 沐浴スキルが低かった
  3. シャンプーが肌に合っていなかった
  4. 沐浴後の保湿ケアが足りていなかった
 

つまり、乳児湿疹を早く治すためには『お風呂でのケア』を見直すことが重要ポイントだと考えました。

改善ポイント
  • 頭・顔をしっかり洗う
  • 洗ったあとはしっかりすすぐ
  • お風呂のあとはオリーブオイルやセラミドクリームで保湿する

生後1ヶ月ころまでは、市販シャンプーを使っていましたが『ドルチボーレシャンプー』に切り替えることにしました。

ドルチボーレ シャンプー

私たちは、長男の頭・顔・体を洗うため『ドルチボーレ』を購入しました。

ドルチボーレは無添加で刺激が弱いので、新生児から使うことができます。

ばらもん。

赤ちゃんのために開発されたような商品だね

ドルチボーレは無添加で新生児から使える!

ただし、勘違いしてほしくないことがあります。

『ドルチボーレ』を使えさえすれば乳児湿疹が良くなるというのは大きな間違いです。

繰り返しになりますが、大事なことは『洗う×すすぐ×保湿ケア』だと考えています。

ドルチボーレ コスパ良い

ドルチボーレは1本¥3,500ほどです。

お高いと思われるかもしれませんが、コスパは◎。3ヶ月はもちます。

片手ワンプッシュで泡立って出てきます。
泡で赤ちゃんの皮膚に負担をかけることなく優しく洗うことができます。

頭・顔だけでなく、体もこれ1本で洗うことができます

次男が生まれる前に買っておきました。
送料無料になるので、計4本購入です。

長男のときの過ちは繰り返さないぞ!という気持ち

次男は生後1週間頃~1歳までドルチボーレを使いました。
ちょうど1歳を過ぎた頃に、ドルチボーレ4本目を使い終わりました。

ドルチボーレ4本で約1年もったよ

乳児湿疹 洗い方

ばらもん。

沐浴の仕方を簡単に説明します(湯船バージョン)

湯船での沐浴のコツは赤ちゃんをしっかりと湯船に浸けること!

案外、赤ちゃんって浮かびます。

首元を左手のひらで(右利きの私の場合)支えていますが、ほとんど力はいりません。ぷかぷか。
新生児をお風呂に入れるのは怖いですけど、すぐに慣れます。

逆に親がテンパるのがイチバン危険です

親がテンパると、赤ちゃんにも緊張が伝わってしまいます。

ドシンと構えておくことがポイントです。

ただし、下記の3つの点は押さえておきます。

要チェック
  1. シャワーとお湯の温度は38~39度
  2. 手を入れてみて熱くないのか?
  3. 心配なら温度計で測る

万が一、ヤケドしたら大変です

準備物
  • ガーゼ2枚
  • ドルチボーレ

ばらもん。家の沐浴の仕方講座

STEP
お湯で湿らせたガーゼをお腹に乗せて赤ちゃんを湯船にイン

ゆっくりと足の方から、湯船のお湯に浸けていきます。

ドボンッなんてことはしないように・・・。

もう1枚のガーゼをお湯を張った洗面器に入れておきます→顔拭く用

STEP
目尻から目頭にかけてガーゼで拭いていく

洗面器に入れておいたガーゼを使って、『目尻→目頭の順』で拭きます。

※目頭にはホコリや汚れが溜まっています。

目頭から拭くと汚れが目に入ります

STEP
ドルチボーレの泡で頭と顔を洗う

ドルチボーレ2プッシュでも十分くらいです。

耳の裏は、洗い忘れをしやすいので要チェック。

おでこ・ほっぺた・口周りも泡で優しく洗います。

STEP
かけ湯またはシャワーで頭と顔をすすぐ

すすぎ残しは、乳児湿疹のもとです。

臆すること無く、しっかりとすすぐことがポイントです。

シャワーをするときには、シャワーの温度をよく確認してから!

顔は、湿らせたガーゼでしっかり拭き取るのでも可です。

STEP
ドルチボーレで背中→お尻を洗う

赤ちゃんの体を起こして、しっかりと腕で支えます。

背中→お尻を洗います。

お尻・お股を最後に洗います

STEP
かけ湯またはシャワーで背中とお尻をすすぐ

かけ湯やシャワーでしっかりとドルチボーレの泡をすすぎます。

すすぎ終わったら、湯船で少し温まってから出ます。

STEP
保湿

お風呂から出たら全身をオリーブオイルやセラミドクリームで保湿します。

セラミドクリームで保湿

へその緒がまだ取れていない場合は、綿棒でおへそ周りの水分を優しく取ります。
へその緒が取れた後で血がにじむこともありますが、そのようなときは綿棒に消毒液をつけてちょんちょんと消毒をしています。

ポイントまとめ
  • 泡でしっかりと洗う!(耳の裏を忘れないように!)
  • お湯またはシャワーでしっかりとすすぐ!
  • お風呂から出たあとは、セラミドやオリーブオイルで保湿ケア!

乳児湿疹 頭皮かさぶたの剥がし方

長男は頭にもザラザラかさぶたができていました。

頭皮かさぶたの剥がし方

STEP
オリーブオイルを塗る

頭皮のかさぶたに、オリーブオイルをたくさん塗ってからティッシュをかぶせます。

STEP
5分間放置

5分ほど放置すると、かさぶたがふやけてきます。

すると、沐浴のときにかさぶたを剥がしやすくなります。
頭が気持ち悪いので付けている本人にとったら、嫌な気分かもしれませんが・・・。

オリーブオイルで、かさぶたをふやかしたあとは沐浴でしっかり洗います。
かさぶたがあるからと言って、ビクビクしながら頭を洗ってもかさぶたは治らないと考えています。

いちどだけ、アドバンス助産師さんにも沐浴をお願いしたことがあります。
びっくりするくらいゴシゴシ洗っていたので驚きました。

長男のときは、『洗浄+すすぎ』が十分にできていませんでした。
そのことが原因で、乳児湿疹にもなったと考えられます。

ちなみにですが、長男のときはベビーバスで沐浴をしていました。
しかし、それから月日は流れ・・・。キッチンには食洗機が登場しました。

ベビーバスが食洗機に干渉して、キッチンに入る余裕がなくなりました。

下記は、食洗機を置く前の写真です。

ベビーバスをシンクにセット

長男のときはキッチンベビーバスだったから、すすぎが不十分だったかも・・・

せっかくなので、ベビーバスと湯船での沐浴のメリット&デメリットを挙げます。

お風呂(湯船)のメリット・デメリット

お風呂沐浴のメリット
  • シャワーを使うことができる
  • 大人も続いて入ることができる
  • 広いので赤ちゃんもゆったりできる
  • ベビーバスを用意するのに比べて楽
お風呂沐浴のデメリット
  • 冬場は浴室が寒い(シャワーで温めておけば解決)
  • 湯船の外から入れる場合は腰が痛い

メリットと感じるほうが上回っています。

キッチンベビーバスのメリット・デメリット

キッチンベビーバスのメリット
  • 冬場でも部屋の中なので暖かい
  • 親は立って洗うことができるので腰が痛くならない
キッチンベビーバスのデメリット
  • 蛇口が当たって邪魔になる
  • 使わないときは置き場所に困る
  • キッチン周りが濡れる可能性あり
  • キッチン周りを片付ける必要がある
  • 片付けが面倒(乾燥させておくなど)

デメリットと感じるほうが上回ってしまいました・・・。

お風呂上がりのケアの仕方

お風呂上がりには、オリーブオイルやセラミドクリームを全身に塗って保湿ケアをしています。
女の子は育てたことがないので分かりませんが、男の子は油っぽいのかなぁという印象です。

ここで豆知識です。

赤ちゃんの肌は大人に比べて約半分の薄さなんだって

肌が薄いと、どういった事が起こるのか?

  • 外部からの刺激に敏感
  • 皮膚から水分が逃げてしまう

刺激や乾燥を防ぐために、水分や油分で補ってあげることが重要だと考えています。

まとめ

ばらもん。

いかがでしたか?

乳児湿疹を予防・改善するためには下記の3つが基本だと考えています。

ポイント
  1. 頭・顔をしっかり洗う
  2. 洗ったあとはしっかりすすぐ
  3. 沐浴のあとはしっかり保湿する

『ドルチボーレ』はあくまでもツールです。

ツール(ドルチボーレ)を間違った使い方をしてしまっては、元も子もないです。

繰り返しになりますが、重要なポイントは『洗う→すすぐ→保湿』です。

まとめ

『基本の3つ』×『ドルチボーレ』=『さらなる効果が期待』

以上です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる