【シャープ8000】繋がらない!?何を聞かれるかまとめたよ

Left Caption

母親

  • #8000ってなに?
  • 子どもが熱を出してしんどそうだけど、病院は閉まっている、どうしよう。

上記のお悩みを解決します。

 

本記事の内容

#8000

  • 何を聞かれるのかを書いています。
  • 実際にかけたエピソードを書いています。

 

本記事で悩みを解決できる根拠

#8000

  • 2回かけたことがあります。
  • 電話をしてその時の悩みを解決できました。
 
本記事を読んで欲しい人

  • #8000に電話しようか悩まれている方
  • これから出産予定の方

 

本記事のメリット

#8000で何を聞かれるのか分かりますので、電話をスムーズにかけることができます。

それでは、本題に入ります。

まず結論からです。#8000で聞かれることは、
 
注目!

  • 電話をかけているひとの生年月日
  • 子どもの性別、月齢
  • 子どもの症状(時系列で症状をまとめておきましょう)
皆さん#8000には電話かけたことはありますか?
 
 
私は、次男が1ヶ月のときに初めて電話しました。
長男のときは、お世話になることはなかったのですが、先日にあることをしていたときに次男の息が一瞬止まり、あまりにも心配になりました。
 
19時も超えていたこともあり#8000に電話しました。
その時の記録です。

#8000とは

 
注目!

  • 休日や夜間で、子どもが病院を受診したほうがいいのか?
  • 子どもの症状にどのように対応したらいいのか?
自分たちだけでは、どのように対処したらいいのか分からないときに電話をしましょう。
 
#8000にかけることで、お住まいの相談窓口に自動転送され、小児科医師や看護師からアドバイスを頂くことができます。
 
病院に行く必要がある場合は、どこの病院を受診したら良いかも教えてくれます。(夜間や休日の受診できる病院は市報にも載っています)

お住まいの地域、また平日か休日かによって対応時間帯が異なりますので、下記の厚生労働省のホームページを参照してください。

リンク先:厚生労働省ホームページ(https://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html)
私の場合は、普段の通話に使用している通話アプリの「楽天でんわ」では繋がりませんでしたので、iPhoneの標準アプリの「電話」で#8000を入力しました。
 
何度も何度もダイヤルしましたが、プーップーップーの通話中。
大変混み合っているようで、5分くらいずっとリトライして、やっと繋がりました。根気よくかけましょう。
 
最初に私が聞かれたこと、
 
注目!

  • 私の生年月日
  • 次男の性別、月齢
  • 次男の症状(できれば時系列で症状をまとめておきましょう)
電話に出てくださったのは女性の方で、こちらを落ち着かせるためなのか、ものすご~くスロ~ペ~スで明瞭に話してくださいました。(相談口の人がすべてこんな感じではないかもしれませんが)
 
私も、そのペースのお陰で落ち着くことができ、ちゃんと症状を伝えることができました。
 
焦っていると、子どもの月齢を忘れてしまいますよね。
事前に母子手帳を手元に置いておくと良いです。

#8000にかけた理由

毎週1回K2シロップをおうちで飲ましています。
このときはお昼に飲ますのを忘れていて、晩御飯を食べたあとくらいに思い出しました
 
私が次男を抱っこした状態で、妻が哺乳瓶のちくびを通して飲ませました。
 
ゴボゴボーっと一気に飲んだあと、次男は盛大にむせました。(K2シロップのときだけは、「母乳相談室」のちくびではなく、飲みやすいちくびにしていました。)
私が寝かせすぎてたみたいです。
 
 
すぐに起こして背中をさすったのですが、目を閉じて顔を真赤にして、とても苦しそう。
 
「んーんーーんーー」って唸っている。そして顔を覗き込むと、
 
Left Caption

あれ?息してないことない?
夫婦そろってかなり焦りました。もう冷や汗ダラダラ。
 
おそらく10秒くらい息をしていなかったと思います。
唇も紫色(チアノーゼ)になってる。
 
かなり焦り、ひたすら背中をさすっていると、そのまま寝てしまいました。
疲れて寝てしまったのか、息ができなかったから寝てしまったのか分からず。
 
ぐったりしているので、怖くなりました。鼻の下に指を当ててみると息はしている様子。
 
そうして、心配になった私たちは#8000に電話しました。
 
結局、症状を伝えると、「それならおうちで様子をみても大丈夫です。」とのことでした。
 
次男は少し寝ていましたが、その後は目も開けて普段の様子に戻ったので一安心。
お風呂にも入りました。
妻も助産師さんにLINEをしていたのですが、よくあること?なのか
 
Left Caption

助産師さん

心配いらないよー
とのこと。
 
無事でよかったですが、K2シロップをおうちで飲んでむせる赤ちゃんは多くいるのでは?と実感。
 
慣れてきたからと言って、いい加減にK2シロップをあげてしまったことをとても後悔した日でした。以上です。

公式YouTube

公式Twitter

公式Instagram