こどちゃれの紹介コードを無料でゲットする!クリック!

【ゴルフテークバック】”真っ直ぐ引く”で勘違いしやすいこと

悩む人

ゴルフのテークバックのコツを教えてほしい

上記のお悩みを解決します。

本記事の内容
  • ゴルフのテークバックを真っ直ぐ引く意識の注意点
本記事の根拠
  • 私は『テークバックを真っ直ぐ引く』練習をかなりの球数試してきました。
  • 気が遠くなる練習を経て、得ることができた意識の注意点となっております。
本記事を読んでほしい人
  • ゴルフのテークバックで悩まれている方

それでは本題に入ります。

※本記事は個人的な見解になることをご了承ください。
ただし、本記事を読むことで練習の効率はかなり上がると考えています。

スポンサーリンク
目次

テークバックを真っ直ぐ引くとは?

結論です。
『テークバックを真っ直ぐ引く』と聞くことがありますが、真っ直ぐ引く意識をどこに置くかが大事だと感じています。

ダメ

ヘッドに意識を置いて、ヘッドを真っ直ぐ引く
=小手先の動きになりやすい

オッケー

腕に意識を置いて、腕自体を真っすぐ横にスライドさせる
=腕とクラブの一体感が出しやすい

確かに、両者の意識ともボールの飛球線後方に真っ直ぐ引いています。
しかし、ヘッドに意識をおいて真っ直ぐ引いてしまうと小手先のテークバックになりやすいです。

逆に、腕とクラブを合わせて飛球線後方に真っ直ぐ引くことで腕とクラブの一体感を出しやすいです。
感覚的には、クラブヘッドが腕を引くのに遅れてついてくる感じです。

クラブヘッドは腕に遅れてついてくる感じ!

腕の三角形の形を崩さないスイングをしよう!と耳にすることがあります。
小手先のテークバックをしてしまうと、いきなり腕の三角形がひしゃげてしまいます・・・。
腕を飛球線後方に引くことは、腕の三角形の形を崩さないことにも繋がります。

肩と腕でできた三角形が崩れにくくなる!

ばらもん。

テークバック時のポイントが、もう1つあります。

テイクバックのときのグリップ力はだらんだらんに力を抜いておくことです。
グリップ力を弱くすることで、クラブヘッドが腕に遅れてついてくる感じをより一層味わうことが可能になります。

グリップ力はだらんだらん!

グリップ力が普段から強めの方は、グリップの力を抜くとどことなく不安を感じるはずです。
しかし、ものは試しでグリップ力の最大が10としたら2くらいの力でクラブを握ってみてください。

おそらくは、グリップ力10のときよりもナイスショットが出るはずです。

まとめ

ばらもん。

いかがでしたか?

テークバックを真っ直ぐ引くときの意識の注意点をご紹介しました。
ポイントをおさらいをします。

ポイント

  • クラブではなく、腕を真っ直ぐ飛球線後方にスライドする意識
  • グリップ力はだらんだらん(MAXが10なら2くらい)
  • クラブヘッドは腕に遅れてついてくる感じ

テークバックはこれだけ押さえておけば、問題ないと感じています。
テークバックのあとは、スイング最大の山場になる『切り返し』です。

切り返しのコツについては、下記の記事にまとめています。以上です。

お得情報!

こどもチャレンジの紹介コードを無料で公開中!

2021年8月時点で長男は、こどちゃれ1年半継続中です。

現在、なんと!私からの紹介コードを無料で公開しています!

メールアドレスを入力するだけ

こどちゃれって最悪?1年半継続して感じた3つのメリット

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる