こどちゃれの紹介コードを無料でゲットする!クリック!

【外字設定移行】コマンドプロンプトを管理者で実行

悩む人

外字の設定移行の方法を教えてほしい

上記のお悩みを解決します。

本記事の内容
  • 外字の設定移行の方法
本記事の根拠
  • Windows外字の設定移行を何台も経験しています
本記事を読んでほしい人
  • Windows外字の設定移行に悩まれている方

それでは本題に入ります。

スポンサーリンク
目次

eudc.tteとeudc.eufを移行

外字のフォントは、『eudc.tte』と『eudc.euf』になります。  

  1. eudc.tte
  2. eudc.euf

設定移行の流れとしては、下記です。

移行先のDドライブ(任意でOK)へ移行したい 『eudc.tte』と『eudc.euf』 を貼り付け

移行先のパソコンでコマンドプロンプトを実行

  移行元のeudc.tteとeudc.eufの場所

\PC名\c$\Windows\Fonts

もし、自分のPC名がわからない場合は、次のように調べます。

PC名の確認方法

STEP
PCを右クリック→プロパティ
STEP
コンピューター名が表示される
STEP
『eudc.tte』と『eudc.euf』のファイルを移行先のDドライブ直下に貼り付け

今回は、Dドライブ直下に貼り付けしましたが、任意の場所で構いません。(Dドライブから変更した場合は、あとでご紹介するコマンドプロンプトに記述するパス名も変更してください。)

設定移行にはコマンドプロンプト

コマンドプロンプト(管理者で実行)を使用して、移行します。

コマンドプロンプトの使い方

STEP
『Windowsシステムツール』→『コマンドプロンプト』→『その他』→『管理者として実行』
STEP
下記のコードを貼り付け
rem ディレクトリの変更
cd c:\windows\fonts

rem 既にeudc.tteが存在している場合には、語尾に-olderを追記
ren eudc.tte eudc-older.tte

rem 既にeudc.eufが存在している場合には、語尾に-olderを追記 
ren eudc.euf eudc-older.euf

rem Dドライブ直下に置いた2つの外字設定ファイルをコピペ
copy d:eudc.*

『eudc.tte』と『eudc.euf』が存在しない場合は、『指定されたファイルが見つかりません』と表示されますが問題ありません。

STEP
エンターを押下でコピペ完了
STEP
『exit』を入力してコマンドプロンプト終了

コマンドプロンプトを終了するときは、『exit』と入力するほうが情シスっぽいです笑。

確認方法

STEP
ファイル名を指定して実行を『Windowsキー』+『Rキー』で開く

このショートカットキーは頻度高しです。

覚えておいて損はありません。

STEP
『eudcedit』と入力することで、外字が開く

『eudcedit』 と入力しましょう。

STEP
移行した外字が表示されたらOK

外字の設定が移行できているのかを確認します。

まとめ

ばらもん。

いかがでしたか?

外字の設定ファイルは、『eudc.tte』と『eudc.euf』の2つです。

  1. eudc.tte
  2. eudc.euf

『eudc.tte』と『eudc.euf』の2つのファイルをコマンドプロンプトを管理者で実行してコピペします。

2つのファイルをコマンドプロンプト(管理者)でコピペする

外字の設定移行の方法がわからずに、丸一日悩みました。

もし外字の設定をされている方は、参考にしてみてください。以上です。

※本記事の内容で実行された結果について、筆者は一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
必ず自己責任で実行してください。

お得情報!

こどもチャレンジの紹介コードを無料で公開中!

2021年8月時点で長男は、こどちゃれ1年半継続中です。

現在、なんと!私からの紹介コードを無料で公開しています!

メールアドレスを入力するだけ

こどちゃれって最悪?1年半継続して感じた3つのメリット

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる