【父母ヶ浜】5月の昼間に行ってきた!カフェ休憩もできるよ!

Left Caption

母親

  • 5月の父母ヶ浜ってどんな感じなの?

 

上記のお悩みを解決します。

 

本記事の内容

2019年5月の父母ヶ浜の
  • 砂浜や海辺の様子
  • 近くにある喫茶店
をご紹介

 

本記事で悩みを解決できる根拠

2019年5月に長男3歳と父母ヶ浜で遊んで来ました

 
本記事を読んで欲しい人

  • 5月の父母ヶ浜がどのような感じか気になる方
  • 3歳が父母ヶ浜で遊べるのか気になる方

 

本記事のメリット

  • 5月の父母ヶ浜がどういったところか分かります
  • 3歳が父母ヶ浜で遊ぶための準備物が分かります

それでは、本題に入ります。

父母ヶ浜に到着

 
父母ヶ浜に着くと5月とはいえど、たいへん暑かったです。
波打ち際に足まで入っている人がたくさんいらっしゃいました。
 
大きいお兄ちゃんたちは、
 
Left Caption

お兄ちゃんたち

ウェーーーい!!!
と叫びながら海の中へダイブしてました。
長男もそれを見て嬉しそうに海の中へ。
 
 
このときは3歳だったので、妻と目を離さずに要注意。

砂浜で砂遊び(スコップ・バケツ必須)

海でチャプチャプしたあとは、ひたすら砂遊びです。
100均で買っていたシャベルが大活躍です。
 
  • 大きい山を作る
  • 山にトンネルを掘る
  • 穴を掘って海水が貯まるとこを作る
 
 
 
Left Caption

私が子どもと遊ぶときに意識していることがあります
 
子どもの山作りを手伝うのではなく、私も別の山を作って大きさを競います。
 
私自身も童心にかえって楽しむことができますし、
right Caption

長男

負けるもんかー!
 
 

と、長男は自分の山づくりに専念します。

 
それにしても、5月とはいえ日差しはきつかったです。
海に行くなら季節に関わらず日焼け止めは必須です。

カフェでドリンク休憩

 

Left Caption

父母ヶ浜にはカフェもありました
right Caption

長男

果物のスムージーが美味しかったよ

他にもビールを飲まれているお客さんもいらっしゃいました。
父母ヶ浜のきれいな海岸・夕日を見ながら飲むビールを想像しただけで・・・。

Left Caption

さいこー!!!
Right Caption

・・・

水難事故

私たちが遊びに来た3ヶ月後に水難事故が発生しました。

昨日10日お昼過ぎ、香川県三豊市の海水浴場で、35歳の女性がおいを助けようとして溺れて死亡しました。
出典元:YAHOO!JAPANニュース沖に流されたら、どうして大人が犠牲になる?そうなるのが水難事故だ(https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohidetoshi/20190811-00137980/

父母ヶ浜は遠浅で油断しがちです。
しかし、絶対に遊んでいる子どもから目を離してはいけません。

Left Caption

沖に流されたら、追いつくことはできないと考えてね
Right Caption

気をつけないと

準備物(帽子・日焼け止め必須)

  • 帽子
  • 日焼け止め
  • 砂遊び用のスコップやバケツ
Left Caption

5月といえど海辺の日差しはキツイです
Right Caption

帽子・日焼け止めは忘れないでね
right Caption

長男

スコップもー
Left Caption

はいよ

車には、砂遊び用のスコップやバケツは積んでおくことをオススメします。
この前も道すがら寄った砂浜で大活躍しました。

インスタ映えの聖地

父母ヶ浜は、『インスタ映えの聖地』としても有名です。

無料駐車場

父母ヶ浜の駐車場については、三豊市観光交流局HPを参照してください。こちら。(https://www.mitoyo-kanko.com/chichibugahama/

こちらのHPでは、絶景フォトの撮り方の解説もあります。

 

Left Caption

私たちが行ったときは、無料駐車場には十分な空きがありました。
Right Caption

よかったぁ

まとめ

 

Left Caption

いかがでしたか?
  • 父母ヶ浜はインスタ映えの聖地
  • 帽子・日焼け止めは持っていこう
  • カフェで休憩もできる

ただし、海で遊んでいる子どもから目を離さないように注意してください。

後日、車の中からではありますが、父母ヶ浜の夕日を撮ることができました。

 

Right Caption

すごい人だかりだったよ
Left Caption

さすが父母ヶ浜・・・

以上です。

公式YouTube

ブログ関係

公式Instagram