こどちゃれの紹介コードを無料でゲットする!クリック!

【父母ヶ浜】5月の昼間に行ってきた!カフェ休憩もできるよ!

悩む人

5月の父母ヶ浜ってどんな感じなの?

上記のお悩みを解決します。

本記事の内容

2019年5月の父母ヶ浜の

  • 砂浜や海辺の様子
  • 近くにある喫茶店

をご紹介

本記事で悩みを解決できる根拠
  • 2019年5月に長男3歳と父母ヶ浜で遊んで来ました
本記事を読んで欲しい人
  • 5月の父母ヶ浜がどのような感じか気になる方
  • 3歳が父母ヶ浜で遊べるのか気になる方
本記事のメリット
  • 5月の父母ヶ浜がどういったところか分かります
  • 3歳が父母ヶ浜で遊ぶための準備物が分かります

それでは、本題に入ります。

スポンサーリンク
目次

父母ヶ浜に到着

 
父母ヶ浜に着くと5月とはいえど、たいへん暑かったです。
波打ち際に足まで入っている人がたくさんいらっしゃいました。
 
大きいお兄ちゃんたちは、『ウェーーーイ!!!』と叫びながら海の中へダイブしてました。
 
長男もそれを見て嬉しそうに海の中へ。
 
 

このときは3歳だったので、妻と目を離さずに要注意。

砂浜で砂遊び(スコップ・バケツ必須)

海でチャプチャプしたあとは、ひたすら砂遊びです。

100均で買っていたシャベルが大活躍

キャプション
  • 大きい山を作る
  • 山にトンネルを掘る
  • 穴を掘って海水が貯まるとこを作る
ばらもん。

私が子どもと遊ぶときに意識していることがあります

子どもの山作りを手伝うのではなく、私も別の山を作って大きさを競います。

私自身も童心にかえって楽しむことができます

長男

負けるもんかー!

 
 

と、長男は自分の山づくりに専念します。

 
それにしても、5月とはいえ日差しはきつかったです。

海に行くなら季節に関わらず日焼け止めは必須です。

カフェでドリンク休憩

ばらもん。

父母ヶ浜にはカフェもありました

長男

果物のスムージーが美味しかったよ

他にもビールを飲まれているお客さんもいらっしゃいました。
父母ヶ浜のきれいな海岸・夕日を見ながら飲むビールを想像しただけで・・・。

海を見ながら×ビール=CMの世界(HEAVEN)

準備物(帽子・日焼け止め必須)

準備物
  • 帽子
  • 日焼け止め
  • 砂遊び用のスコップやバケツ

5月といえど海辺の日差しはキツイです

帽子・日焼け止めは忘れないでね

車には、砂遊び用のスコップやバケツは積んでおくことをオススメします。
先日も道すがら寄った砂浜で大活躍しました。

インスタ映えの聖地

父母ヶ浜は、『インスタ映えの聖地』としても有名です。

ばらもん。

ツイートをご紹介します

無料駐車場

父母ヶ浜の駐車場については、三豊市観光交流局HPを参照してください。こちら。(https://www.mitoyo-kanko.com/chichibugahama/

こちらのHPでは、絶景フォトの撮り方の解説もあります。

まとめ

ばらもん。

いかがでしたか?

まとめます
  • 父母ヶ浜はインスタ映えの聖地
  • 帽子・日焼け止めは持っていこう
  • カフェで休憩もできる

後日、車の中からではありますが、父母ヶ浜の夕日を撮ることができました。

絶景過ぎて 、 息を呑みました

以上です。

お得情報!

こどもチャレンジの紹介コードを無料で公開中!

2021年8月時点で長男は、こどちゃれ1年半継続中です。

現在、なんと!私からの紹介コードを無料で公開しています!

メールアドレスを入力するだけ

こどちゃれって最悪?1年半継続して感じた3つのメリット

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる