【4歳男児の足の親指が赤く腫れた】小児科でいいの?

Left Caption

母親

足の親指が赤く腫れてるけど、何科の病院に行ったらいいの?

上記のお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 足の指が腫れたら何科の病院を受診するのかを書いています。
  • 子ども靴のサイズのことを書いています。

 

本記事で悩みを解決できる根拠

長男が実際に足の親指が赤く腫れ、小児科を受診後に完治しています。

 
本記事を読んで欲しい人

子どもの足が赤く腫れて悩まれている方

 

本記事のメリット

足の指が腫れることを予防、改善できます。

それでは、本題に入ります。

まず結論からですが、足の親指が赤く腫れたなら『小児科』に行ってください。

先週のお話ですが、長男を保育園にお迎えに行くと、担任の先生から、
 
Left Caption

保育園先生

右足の親指が赤く腫れています。バイキンが入ったのかなぁ?

先生から、このように申し送りを受けるということは、病院に連れて行ってくださいね、ということです。

18時は超えてるし病院は閉まっているのでどうしたものか。

足の親指の腫れ

見てみると、たしかに片方の親指が赤く腫れ上がっています。
 
 
もう18時を過ぎており、開いている病院もないので、明日の仕事もお休みして病院に連れていくことにしました。
 
家に帰っているときの長男との会話(車中)
 
Left Caption

爪を噛むからそこからバイキンが入ったんだよ、ひどくなったら包丁で切るかもね
Right Caption

長男

ほうちょうきらい
Left Caption

本当にひどくなったら指を切ってバイキンを出すよ
Right Caption

長男

ほうちょうきらい、きりたくない
 
家についてからも、晩御飯も食べずにひたすら「ほうちょうきらい(T_T)」と泣いていました。
 
長男には前から注意はしているのですが、爪を噛む癖があって、それが原因でバイキンが入ったのではないかと推測。
 
もしかしたら靴のサイズがきつくなってきたことも原因のひとつかもしれません。
 
爪が原因だと思っていたので、皮膚科に連れて行くことを妻に告げると、
 
Left Caption

これだったら整形外科じゃないの?
と言われました。
どうも過去に同じような症状で親戚が整形外科を受診したことがあるそうです。

皮膚科?整形外科?小児科?

ネットで調べたところ、結局は小児科に行くことにしました。
 
小児科でみてもらって、どうにもならない場合は、他の病院の紹介状も書いてくれるのでは?と勝手に想像。
 
次の日。
 
長男は、相変わらず「ほうちょうほうちょう(T_T)」と駄々をこねていますが、渋々ながらも病院に行くことを決断してくれました。
 
小児科でみてもらうと、
 
Left Caption

病院先生

爪の際からバイキンが入ったんでしょう、これなら切って膿を出さなくても良いよ
消毒をしてもらい、絆創膏を貼って診察は終わりました。
 
長男は、痛くなかったとほっとした様子。
飲み薬と塗り薬を頂いて、4日間様子を見てよくならなかったらまた来てください、とのことでした。
 
もし、今以上に進行すれば切って膿を出すことになります。早めに受診しておいてよかったです。
 
今回の件に限らず、子どもには中学卒業まで医療費の助成があります。
なにか違和感を感じたら、すぐに病院を受診する方がいいですね。
 
病院に行って風邪をもらうかも?と思われるかもしれませんが、放っておいて重症化するほうが怖いというのが私の意見です。
 
 
Left Caption

これからは爪が伸びてきたら、ちゃんと言いなさい。
と、長男に諭し、そのまま保育園へ送りました。
保育園についてから教室に向かう道中で、
 
Right Caption

長男

ぃぃいたぃっ
って言いながら、足を引きずって歩いているのが面白かった。
先生には、普段どおりの生活をして大丈夫です、と言って預けて帰宅。
 
夕方にお迎えに行くと元気に走ってました。
そして4日も経てばすっかり良くなりました。

靴・上履きのサイズ

子どもの足の大きさはすぐに変わりますので、靴や上履きのサイズも注意したいです。
ちなみに子どもの靴のサイズの目安
 
年齢 平均身長 靴のサイズ
~2歳 90センチ 12~14センチ
~3歳 95センチ 13~15センチ
3~4歳 95~105センチ 14~16センチ
5~6歳 105~115センチ 17~18センチ
現在、長男は4歳で身長は100センチです。使用している靴のサイズは、16.5センチです。
 
この表からしたら少し大きいかもしれませんが、中敷きを取り出して足の形の跡を見てみると、ちょうどいい感じです。
まとめます。
 
 
注目!

  • 靴のメーカーやモデルによっても靴幅は変わる
  • 中敷きを取り出してみて、直に足を乗せて確かめる
  • 靴をはいて、かかとを付けた状態で、つま先に1センチほど余裕がある
上記のことを確かめて、子どもの足に合った靴を選んでください。以上です。