【ベビーカー】必要か不要かどっち?抱っこひもがあれば十分!?

Left Caption

母親

  • ベビーカーは急いで買ったほう方がいいの?
  • 抱っこひもとベビーカーのメリットを教えてほしい

上記のお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ベビーカーの購入は急がなくても良い理由
  • 抱っこひもとベビーカーのメリット・デメリット

 

本記事で悩みを解決できる根拠

抱っこひもだけで、5歳長男と11か月次男と問題なく生活できています

 
本記事を読んで欲しい人

  • ベビーカーの購入を検討されている方
  • これから出産予定の方

 

本記事のメリット

ベビーカーの購入は急がなくても良い理由が分かります

それでは、本題に入ります。

 

ベビーカーは購入しなかった

この記事をリライトした時点で、長男(5歳)次男(11ヶ月)です。

 

結論です。
私たちはベビーカーは購入していません。
もちろん、これから先に購入予定もありません。

 

抱っこひもは、ベビービョルンを使っています。
頭を支えるホールドがついているので新生児から使うことができます。
シッカリした作りなので、男の人が使ってもカッコいいです。

 

私たちの日常生活においては、外出するときに抱っこひもがあれば十分です。
ベビーカーがないからと言って、困ったことはありません。

ベビーカーを購入しなかった理由

 

Left Caption

私たちがベビーカーを購入しなかった理由です
  • 車に載らない
  • 置き場所がない
  • 抱っこひもで十分

主にこの3点の理由からベビーカーは購入しませんでした。

 

Left Caption

順番に解説します

車に載らない

住んでいるところが田舎なので、車移動が多いです。
バス・電車には乗ることはありません。

 

病院・公園・買い物に行くときは、いつも車です。
乗っている車はそんなに大きくないので、ベビーカーを載せるスペースがありません。

 

注意!小さい車だと、ベビーカーを載せる余裕がないかも?!

置き場所がない

家の玄関が狭く、ベビーカーを置くスペースがありません。
家の外は盗難の危険が付きまとうので置くことはできません。

 

外で歩き回ったベビーカーを部屋の中に持ち込もうとも考えませんでした。

 

注意!狭い玄関だと置き場所に困るかも?!

抱っこひもで十分

観光するにしても、散歩するにしても抱っこひもで十分間に合いました。
長丁場で外出するときは夫婦揃って出かけることが多いので、疲れたときは抱っこを交代しています。

 

ショッピングモールや動物園にはベビーカーが備え付けられています。
必要だと感じた場合には、備え付けベビーカーを使えば事足ります。

 

注意!自前のベビーカーがなくても、案外間に合うかも?!

ベビーカーを購入するタイミング

 

ベビーカーは産後1ヶ月以降に”赤ちゃんと一緒に”購入しに行くことをおすすめします。
理由は下記の2点です。

  • ベビーカーが必要な生活なのか?
  • 赤ちゃんにベビーカーを試し乗りしてもらう

説明します。

ベビーカーが必要な生活なのか?

ベビーカーが必要な生活なのかを判断してからベビーカーを購入しても間に合います。

 

新生児の頃からベビーカーに乗せて、頻繁に外出することは少ないです(ふたり目以降なら、その限りではないかもしれません)。
赤ちゃんが本格的に外出を始めるのは、1ヶ月検診が終わった頃からです。

 

注目!本格的に赤ちゃんが外出を始めるのは1ヶ月検診以降!

 

ベビーカーが本当に必要なのかを判断する時間は十分にあります。
下記の3点を当てはめて検討してみてください。

  • 移動手段は車メイン?電車メイン?
  • 赤ちゃんを連れて頻繁に外出する?
  • ベビーカーがあったほうが便利?

住んでいる環境・生活パターンによったら、ベビーカーを使う場面って案外少ないのかもしれません。

赤ちゃんにベビーカーを試し乗りしてもらう

 

Left Caption

ベビーカーにもたくさん種類があります
Right Caption

実際に店舗に行って試し乗りするのがいいね

赤ちゃんとベビーカーの相性もあります。
もし、産前にベビーカーを購入していた場合、赤ちゃんがそのベビーカーを気に入らない可能性があります。

Left Caption

赤ちゃん

ばぶー!(このベービーカーはいやだー!)

ベビーカーは実際に赤ちゃんに乗ってもらって、反応を確かめてから購入することをおすすめします。

注目!ベビーカーは赤ちゃんに試し乗りしてもらおう!

ベビーカーと抱っこひものメリット・デメリットを次に挙げます。

私の個人的考察になります。
参考にならないと思いますが、ベビーカーを購入検討する材料のひとつにしてみてください。

ベビーカーのメリット・デメリット

手順、方法

 

Left Caption

ベビーカーのメリット・デメリットです
※私の個人的考察です

メリット

Left Caption

ベビーカーのメリットは下記の2点です
  • 抱っこする必要がないので体力的に楽
  • 荷物を載せることができる

説明します。

抱っこする必要がないので体力的に楽

田舎だとイメージしづらいのですが、例えば電車移動が多い場合。
駅まで歩いていくときや電車内も抱っこする必要がないので体力的に楽です。

 

Left Caption

電車内が混んでいる場合には、ベビーカーは場所を取ってしまうかもしれません
Right Caption

そういうときは畳めば良いね
注目!抱っこに比べると体力的にかなり楽

荷物を載せることができる

ベビーカーにおむつや着替えなどの荷物を載せることができます。
買い物帰りにも、ベビーカーにスーパーのバックを載せることができるので便利です。

 

Left Caption

外出時の赤ちゃんセットは『重たい×かさばる』からね
Right Caption

ベビーカーに載せることができるのは便利ね
注目!お出かけや買い物帰りに荷物を載せることができる

デメリット

Left Caption

ベビーカーのデメリットは下記の4点です
  • 雨の日は不便
  • 階段が使えない
  • 保管場所が必要
  • 人通り多く狭い道△

説明します。

雨の日は不便

雨の日に、傘を使うと片手が塞がってしまいます。
レインコートを着ることで解決できますが、雨の日にわざわざそこまでしてベビーカーを使うメリットはないように感じます。

 

注意!傘をさすと片手が塞がってしまう!

階段が使えない

ベビーカーは、階段を使うことはできません。
ベビーカーと赤ちゃんを抱っこして、階段の昇り降りは危険です。

エレベーターorスロープを探す必要があります。

 

注意!階段が使えない=エレベーターorスロープを探す必要あり
 
Left Caption

最近はエレベーターやスロープが設置された施設は多くなってきたよね
Right Caption

そうだね

保管場所が必要

ベビーカーは玄関に置いている方が多いのではないでしょうか。
広い玄関ならば良いですが、狭い玄関だとベビーカーは邪魔です。

 

注意!狭い玄関だと置けない可能性あり!

大きい車の場合は、ベビーカーを車内に載せたままでも良いですが盗難の心配があります。
また、夏場だと車内が高温になるので、ベビーカーがいたむ可能性があります。

ベビーカーが高温になっている場合は、赤ちゃんが乗るまでに冷ます必要もあります。

 

Left Caption

車に乗せっぱなしは、控えておいたほうが良さそうだね

人通り多く狭い道△

人通りが多く、狭い道ではベビーカーは使いにくいです。
また、整備されていないガタガタ道もベビーカーは不向きです。

 

Left Caption

急な坂道があるところも怖いかもしれないね
Right Caption

松山城に登るときは抱っこひもで良かったと実感したよ

 

注意!かなり急な坂道はベビーカーは怖いかも!?

抱っこひものメリット・デメリット

 

Left Caption

抱っこひものメリット・デメリットです
※私の個人的考察です

メリット

Left Caption

抱っこひものメリットは下記の5点です
  • 両手が使える
  • 雨の日でもOK
  • 寝かしつけに使える
  • まるごと洗濯できる
  • 道や人通りを選ばない

説明します。

両手が使える

抱っこひもを使うと両手が空くので、なにかしら作業することができます。

例えば、ぎゃあぎゃあ泣いているときにも、抱っこひもをつけて洗濯物を干したりしていると気付いたら寝ています。

 

Right Caption

目が離せないときにも、抱っこひもをつけて作業しています
Left Caption

おんぶして料理もすることもあるよね
 
注目!両手が空くので、料理や洗濯物を干すことができる

雨の日でもOK

雨の日でも抱っこひもを付けておけば、親が傘をさすことで赤ちゃんも雨から守ることができます。
事実、私たちも観光地で雨が降ったときには抱っこひもで良かったと実感しました。

 

Left Caption

雨の日のあじさい祭りは風情があったよね
Right Caption

ベビーカーだとしんどかったかも?
 
注目!傘をさせば、赤ちゃんも親も雨から守ることができる

寝かしつけに使える

長男も次男も抱っこひもで抱っこして、ゆらゆらすると寝てくれることがあるので、寝かしつけに抱っこひもを使っていました。

 

密着していると安心するのか大人しいです。

ずーっと腕だけで抱っこだと疲れます。
しかし、抱っこひもは肩と腰で支えるので楽です。

 

Left Caption

腕だけで抱っこしているといずれ腱鞘炎になるよね
Right Caption

腱鞘炎は避けては通れない道だね
 
注目!抱っこひもを付けてゆらゆらすると寝かしつけにも使える

まるごと洗濯できる

抱っこひもは、まるごと洗濯ネットに入れて洗濯機にかけることができるので衛生面◎です。
干すときにもハンガーにかけておくだけなので簡単です。

 

Left Caption

抱っこひもはヨダレやお外の汚れも付いているよ
Right Caption

使ったあとには洗濯しています!
 
注目!まるごとお洗濯ができるので、とても衛生的◎

道や人通りを選ばない

ベビーカーとは違い、抱っこひもは省スペースです。
人通りが多い道や坂道でも問題ありません。

 

先述しましたが、松山城に観光に行ったときには抱っこひもで良かったです。
かなり急な坂道でしたので、ベビーカーでは怖いと感じました。

 

Left Caption

万が一・・・坂道でベビーカーを離したら・・・
Right Caption

ひゃぁ~~~
 
注目!急な坂道や人混みでも使うことができる

デメリット

Left Caption

抱っこひものデメリットは下記の2点です
  • 蒸れる(特に夏場)
  • 長時間だと腰や肩が疲れてくる

説明します。

蒸れる(特に夏場)

抱っこひもは、常に赤ちゃんと密着しています。
熱がこもってくるので、赤ちゃんも親も汗で蒸れやすいです。

 

特に夏は冬に比べて、熱がこもりやすく蒸れるので長時間の使用は控えています。
逆に冬は密着しているので暖かいです。

 

注意!夏場は特に蒸れやすい!
 
Left Caption

一長一短があるね
Right Caption

そうね

長時間だと腰や肩が疲れてくる

抱っこひもは肩と腰でしっかりと支えていますが、3時間も抱っこひもを使用していたらさすがに疲れてきます。

 

注意!長時間の抱っこひもは疲れる!
 
Left Caption

3時間も抱っこひもを使うことはないけどね
Right Caption

疲れたら休もうね

ツイッター #ベビーカー問題&#抱っこひも

Left Caption

ベビーカーと抱っこひもに関するツイートを3つご紹介します

 

Left Caption

高級荷物置き場?!
Right Caption

私たちのベビーベッドみだいね

まとめ

Left Caption

いかがでしたか?

ベビーカーは、赤ちゃんが生まれてから購入を検討しても間に合います。
あなた自身の生活環境でベビーカーが必要かor不要かを検討してみてください。

少なくとも私の住んでいる地域・生活環境ではベビーカーは不要でした。

以上です。

 

公式YouTube

ブログ関係

公式Instagram