【1歳半からプラレール】発想力、思考力、対話力UP!大人も楽しめるよ

プラレールアイキャッチ画像
Left Caption

母親

プラレールは、
  • 何歳から遊べる?
  • どんなふうに遊ぶの?

上記のお悩みを解決します。

 

本記事の内容

長男1歳半~4歳(現在)までのプラレールの遊び方を書いています。

 

本記事で悩みを解決できる根拠

長男は1歳半~4歳(現在)までプラレールで遊んでいます。
  • 発想力
  • 思考力
  • 手先の器用さ
  • コミュニケーション能力
が向上しました。
 
本記事を読んで欲しい人

プラレールの購入を検討されている方

 

本記事のメリット

  • プラレールは、長く・楽しく遊べることに加えて、子どもの能力を伸ばすことにも繋がることが分かります。
  • 大人もプラレールにハマること間違いなしです。
それでは、本題に入ります。
 

4歳男児のプラレールの遊び方

結論

結論です。
プラレールは、
 
注目!

  • 1歳半~4歳(現在)まで楽しく遊べている
  • 発想力、思考力、手先の器用さ、コミュニケーション能力を養うことができる
  • 大人も楽しめる
長男は、プラレールを1歳半のときから遊んでいます。
現在は4歳になりましたが、型にハマらないプラレールの遊び方に発展しています。
 
プラレールを極め始めると、こんなアクロバティックなコースを自分で作って遊んでいます。

ちなみに、上記の動画の作品は90%は長男が作成しました。
 
長男は、レゴディプロなども大好きで、こういった奇想天外な発想をして遊ぶことがあるので驚かされます。
 
ちなみに、普通に遊んだ場合は、こんな感じです。
 
大きいプラレールコース
 
このコースを作ったときは、長男3歳半のときです。
妻が『重症妊娠悪阻』で3週間入院していたときの私と長男の力作です。
 
 
大きな橋もあります。
このときは同時に4台の車両が走っており、迫力があります。

プラレールは1歳半のときにプレゼントした

プレゼント

プラレールは、長男が1歳半のときにプレゼントしました。
『きかんしゃトーマスベーシックセット』です。

トーマスが付属されているのですが、トーマスだけだと寂しいので、『おしゃべりヒロ』も合わせて購入しました。

1歳半だと、自分でレールをつなげて遊ぶのは難しかったです。
しかし、私がコースを作ってからトーマスやおしゃべりヒロが走っているのを興味津々で見ていました。

プラレールは大人もハマる

メガネ

プラレールは大人もハマります。
たまに、私と長男の意見が食い違うことがあるのですが、それくらい私も本気で作っています。
 
長男と一緒にコースを作って、走らせるのを見ているととても楽しいです。
 
Left Caption

プラレール専用の部屋があったらいいなぁ
と感じるほどです。
 
3歳ころから『シンカリオン』を見始めてからは、新幹線の車両に移行しました。
新幹線の車両もよく再現されており、大人心をくすぐります。
 
長男は、新幹線の名前もすぐに覚えて、『ハヤブサ』と『こまち』が好きです。
パジャマも、もれなく『ハヤブサ』と『こまち』です。

プラレール作りで向上した能力

手順、方法

よく考えたうえで、レールを連結していかないと、コースは完成しません。
約4年間、長男と一緒にプラレールで遊んできて、長男の下記の能力が向上したと感じています。
 
注目!

  • 発想力
  • 思考力
  • 手先の器用さ
  • コミュニケーション能力
くわしく説明します。

発想力

冒頭にも、動画を貼っていますが、4歳になった今では型にはまらないコースを作ることも増えてきました。
普通にコースを作るときにも、分岐ポイントを多用して複雑なコースを作ります。

思考力

何も考えずにレールをつなげても、コースは完成しません。
様々な分岐ポイントも混ぜつつ、コースをつくることはとても難しいことです。
 
繰り返し、コースを作ることでどんどん思考力も養われて、複雑なコースをつくることが可能になります。

手先の器用さ

プラレールは、レールのオス側とメス側をつないで大きくしていくのですが、これを繰り返すことで手先も器用になりました。
 
また、車両と貨車をつなげたり、外したりするのもコツが必要です。
こちらの方が、レールをつなげるよりも部品が細かいので、より手先の器用さが必要になります。

コミュニケーション能力

長男とプラレールで遊ぶときには、お互いに、
 
Left Caption

こうしたらどうかなぁ?
Right Caption

長男

こっちのほうがいいよ!
と意見を出し合って作っています。
2人で協力してコースを組み立てていくことでコミュニケーション能力も向上しました。

充電電池と単2スペーサーは必須

注意

車両の動力源は、モーターと電池です。
電池は、
 
注目!

  • 単3
  • 単2
のどちらかです。
充電電池と単2スペーサーは必須です。
私が使用しているのは、こちらです。
 
パナソニック充電電池
 
単3は全部で12本あれば間に合っています。
 
こちらの充電器を使用しています。
充電が完了すると、オレンジ→グリーンに変わるので分かりやすいです。
単2を使用する車両もあるので、単2スペーサーも必須です。
 

単2スペーサー

 

まとめ

結論

プラレールは、
 
注目!

  • 1歳半~4歳(現在)まで楽しく遊べている
  • 発想力、思考力、手先の器用さ、コミュニケーション能力を養うことができる
  • 大人も楽しめる
トミカ博は、大人も楽しめるイベントなので、近くで開催されている場合は、行かれてみてはどうでしょうか。
 
以上です。