【4歳男児編】下の子が生まれて赤ちゃん返りはある?面倒をみてくれる?

Left Caption

母親

4歳男児は、
  • 赤ちゃん返りする?
  • 0ヶ月の赤ちゃんの面倒をみてくれる?

上記のお悩みを解決します。

 

本記事の内容

4歳男児は、
  • 赤ちゃん返りするのか?
  • 0ヶ月の赤ちゃんの面倒をみてくれるのか?
について書いています。

 

本記事で悩みを解決できる根拠

  • 長男4歳1ヶ月のときに下の子が生まれています。(この記事を書いている時点で次男3ヶ月)
  • 長男4歳が下の子との共同生活を始めてから、もうすぐ4ヶ月目になります。
 
本記事を読んで欲しい人

4歳男児が、

  • 赤ちゃん返りするのか悩まれている方
  • 0ヶ月の赤ちゃんの面倒をみてくれるのか気になる方

 

本記事のメリット

4歳男児が、

  • 赤ちゃん返りすることが分かります
  • 0ヶ月の赤ちゃんの面倒をみてくれる(注意点あり)ことが分かります

それでは、本題に入ります。

4歳男児の赤ちゃん返り

結論!

  • 4歳男児は赤ちゃん返りする
  • 0ヶ月の赤ちゃんの面倒をみてくれる(注意点あり)
赤ちゃん返りが始まった時期は、下の子が生まれる2ヶ月ほど前からです。
 
具体例を挙げます。

寝転がってバブーバブーと言う

 

期間この赤ちゃん返りは、次男誕生〜2ヶ月ほど
保育園の教室で寝転がって、
 
Left Caption

長男

バブーバブー
と言うようになった、と保育園の先生から聞きました。
こんなに分かりやすい赤ちゃん返りはないですね。思わず笑ってしまいました。

保育園やおうちでおもらしするようになった

 

期間

この赤ちゃん返りは、次男誕生1ヶ月前〜1ヶ月ほど

長男は、3歳頃にオムツは外れていました。
もちろん、トイレは自分で行くことができますし、失敗知らずでした。
 
しかしながら、次男が生まれる1ヶ月前くらいからは、2日に1回くらいの頻度で濡れたズボンとパンツが保育園から返ってきていました。
先生に聞くと、これも赤ちゃん返りのひとつとのこと。
 
 
おうちでも叱った時に、その場でおもらしするようになりました。

夜泣きする(成長痛も関係あり)

 

期間

この赤ちゃん返りは、次男誕生~現在進行中

頻度は月1くらいですが、夜中に突然泣き叫ぶことがあります。
これは成長痛も関係しています。
成長痛が起こる原因に、ストレスがあります。
 
 
長男が感じていると思われるストレスをまとめてみました。
 
ストレス一覧

  • 一緒に遊んでくれる時間が減った
  • 次男ばかりを抱っこする
  • おかあさんが次男と一緒に寝ている
他にもありそうですが、思いついたら追記します。
 
下の子がうまれるまでは、親の愛情をひとりじめできていたのに、それがなくなったことによるストレスはとても大きいです。
私が、次男と遊びに夢中になっていると間に割り込んできます。
 
また、次男を抱っこしていると、
 
Left Caption

長男

だっこしてぇ~
と足にからみついてきます。

ママがいい、とごねる

 

期間

この赤ちゃん返りは、次男誕生~現在進行中

Left Caption

長男

ママがいい!ママがいい!

と言うことが増えました。

普段は「おかあさん」と呼んでいるのですが、このときだけは「ママ」と言います。
気になったので、調べてみたら下記の記事を見つけました。
「パパがいい!」は愛情の裏返し。本当はママがいいのに、「パパがいい!」と主張することでママの愛情を試している。「それでもママはあなたといたいの」と伝え、なるべく下の子をパパに預けて、ママは上の子との時間を優先させて。
出典元:すくこむ(https://www.sukusuku.com/contents/53339

うちでは、「ママがいい!」と言っていますので、真逆にとらえることにしました。

抱っこをせがむ

 

期間

この赤ちゃん返りは、次男誕生~現在進行中

夜泣きの赤ちゃん返りでも記述していますが、抱っこをせがむことが増えました。

 
生粋の抱っこ星人でしたが、次男を抱っこしていると抱っこをせがんできます。
足にしがみついてくるので、危ないです。
 
次男の抱っこを終えたら、抱っこしてあげるように心がけています。

長男4歳は、次男0ヶ月のときから面倒をみてくれる

 
私たちは里帰りができるおうちもないので、次男が新生児のときから家族揃って生活しています。
 
 
長男4歳の面倒見

  • 新生児のときから抱っこを積極的にしてくれる。(首がすわっていないことも理解しています)
  • 泣き始めたらガラガラで精一杯あやしてくれる。
  • お風呂のとき、頭や背中を積極的に洗ってくれる。
思っていた以上によくしてくれるので、驚きました。

4歳男児が下の子の面倒をみる際の注意点

 
しかしながら、まだまだ4歳児。加減が分かっていないので油断は禁物です。

上におおいかぶさる

次男が寝ていても、おかまいなしに上におおいかぶさります。
次男も飛び起きてギャン泣きです。
 
寝かしつけにやっとの思いで成功しても、すぐに起こしに来ます。
これにはさすがにイラッときます。
そのたびに注意をしますが、次男が寝ている時は邪魔をしないルールが守れません。

風邪をうつす

親の監督責任もありますが、あらゆる手段を使って風邪をうつしにきます。
 
風邪をうつす行為

  • チューをする
  • 汚い手で口をおおう
  • 使用済みのマスクをつけさせる
長男が風邪で咳をしていた為、マスクをつけていました。
少し目を離していた際に、咳をして沢山の唾液が付いたマスクを外して次男につけていました。
その後、次男は2ヶ月にして風邪を引きました。
 
注目!

4歳男児からは目が離せない

面倒をよくみてくれるとは言っても、まだ4歳です。
やって良いこと・悪い事の線引がまだまだ曖昧ですので、親が根気よくルールを教えることが大事です。

赤ちゃん返りはなぜ起こるのか

 
そもそもなぜ赤ちゃん返りするのか調べてみました。
下の子が生まれると、上の子は「自分に対する両親の愛情が減ったのではないか」と不安になります。入園などの環境の大きな変化でも不安を感じます。すると、「もっと自分のことを見てほしい」「構ってほしい」という気持ちが強くなり、赤ちゃんのようにふるまって両親の愛情を確かめたり、甘えたりしようとするのです。
出典元:マイナビウーマン子育て(https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7316
下の子が生まれると、どうしても親の愛情は分散してしまいます。
 
赤ちゃん返りは、子どもからの重要なサインです。
上の子をしっかりとフォローしてあげることが大切です。
 
例えば、パパに下の子の面倒を任せている間に、ママと上の子と2人だけの時間をつくってあげてください。その逆もしかりです。
 

まとめ

 

4歳男児は

  • 赤ちゃん返りする
  • 0ヶ月の赤ちゃんの面倒はみてくれる(注意点あり)
次男が3ヶ月になった頃から、長男4歳の赤ちゃん返りは少なくなってきました。
下の子が小さい場合、上の子にまで手がまわらなくなります。
 
上の子との2人だけの時間をつくり、スキンシップやお話をして、
 
Left Caption

夫婦

あなたのことも大事なんだよ
ということをしっかりと伝えてフォローしていくことが大事です。以上です。