\ 楽天スーパーセール開催中! / 詳細を見る

【エアコンフィンが茶色!】カビッシュトレールでどうなった?

エアコンのフィンの汚れを掃除してみた
悩む人

エアコンの中を覗いてみると汚いけど、どうやって掃除をしたらいいの?

上記のお悩みを解決します。

本記事の内容
  • カビッシュトレールを使ってエアコンのフィンを掃除した手順や効果
本記事の根拠
  • カビッシュトレールを使って白くまくんのフィンを掃除しました
本記事を読んでほしい人
  • エアコンのフィンを掃除して、気持ちが良い風を感じたい方

それでは本題に入ります。

スポンサーリンク
目次

エアコンのフィンが黒い・茶色に汚れていた

エアコンの掃除前
エアコンの掃除前

エアコンのフィン(運転時に回るところ)を覗いてみると、むっちゃくちゃに汚れていました・・・。
茶色いさび?なのかカビ?なのか、とにかく汚いです。

ばらもん。

掃除せずには居ても立っても居られない状態になりました!

ググりまくって、たどり着いた商品がコレ!
カビッシュトレール。

カビッシュとれ~るでエアコンのファンを掃除してみた

近所のドラッグストアをめぐりましたが、カビッシュトレールは置いていませんでした。
楽天でカビッシュトレールを2つ購入しました。

ばらもん。

楽天でカビッシュトレールを買うのが無難かも。

カビッシュトレールが使うことができないエアコンの機種もあります。
よく確認してから購入することをオススメします。

カビッシュトレールを使ってみた

カビッシュトレールを使用後
カビッシュトレールを吹き付けてみたら汚れがたくさん出てきてビックリ

カビッシュトレールを使ってみました。
フィンの茶色い汚れ?はすべて取ることはできませんでしたが、茶色い水が大量に出てきました(笑)。

ばらもん。

汚れがボロボロ出てきたのは気持ちよかったです

今回掃除したのは『日立白くまくん』

エアコン掃除をするのは日立の白くまくん

カビッシュトレールを使った手順をご紹介します。

最初にポイントと注意点をまとめておきます。(最重要だと感じた1点ずつ)

ポイント注意点
汚れがたくさん出てきて、綺麗になったと実感できたよ!部屋の窓を全開にして換気が十分にできる環境でカビッシュトレールを使おう!
ポイントと注意点
STEP
準備物
カビッシュトレールを使うときには霧吹きを用意しておくことをオススメします
カビッシュトレールを使うときには割りばしがあると便利です
カビッシュトレールを使う前にエアコン下に新聞紙を敷いておく
カビッシュとれ~るでエアコンのファンを掃除してみた

カビッシュトレールのほかに用意したものは下記

  • 霧吹き(水のスプレーも付属されていますが、足りなくなる可能性があったため)
  • 割りばし(フィンを回す用)
  • 新聞紙(万が一の液だれ対策のため)
  • 脚立(フィンに届けば椅子でも代用可)
  • 養生テープ(あれば安心)
STEP
カビッシュトレールに付属しているビニール袋を出す
カビッシュトレールの中身に入っていた両面テープ付きビニールカバー

ビニール袋を出します。
ビニール袋には両面テープがついています。

ちなみにカビッシュトレールの内容物はこんな感じ

カビッシュトレールの中身
  • ステップ1のスプレー缶(泡モコモコ用)
  • ステップ2のスプレー缶(水洗い用)
  • ビニール袋(両面テープ付き)
  • 説明書
STEP
エアコン下にビニール袋を貼り付ける
カビッシュトレールのビニールは下側から先に張り付けた

エアコン下にビニール袋を貼り付けました。
側面に張り付ける長さが、ある程度均等になるように注意しました。

STEP
エアコン側面にビニール袋を貼り付ける
カビッシュトレールのビニールは下側から先に張り付けたあとにエアコン側面に斜め方向に張り付けた
ビニールはエアコン側面には斜め向きに張り付けた

両面テープが自分の方に傾くように斜めに貼り付けました。(割とポイント?)

STEP
ビニール袋設置完了
ビニール取付完了

ビニール袋設置完了しました!
ビニール袋の口が大きく開くようにしました。

STEP
カビッシュトレールを吹き付ける
カビッシュトレールの本体

STEP1のカビッシュトレールをフィンに吹き付けていきます。

STEP
カビッシュトレールを吹き付けてみた
カビッシュトレールを吹き付けてみた!泡がモコモコなってビックリ!

カビッシュトレールを吹き付けてみると、泡がモコモコとなりました。
泡がどんどんできてくるので、面白かったです。

STEP
水のスプレー&霧吹きで水洗いする
カビッシュトレールを吹き付けてみたら汚れがたくさん出てきてビックリ

私はカビッシュトレールを吹き付けてから1時間ほど放置しました。
付属している水のスプレーを吹き付けて泡を洗い流していきます。

付属のスプレーでは足りなくなったので、霧吹きを使いました。
カビッシュトレールが想定している水の量を超えるので、養生テープでビニール袋を補強しました。

STEP
送風で水を吹き飛ばす

送風マックスで水を吹き飛ばしました。
余裕をもって1時間は送風運転をしていました。

ビニール袋が落ちてもいけないので、養生テープで補強しておくと安心するかも。

STEP
溜まった水を捨てる
カビッシュトレールを吹き付けてみたら汚れがたくさん出てきてビックリ

慎重にテープをはがして、汚れた水を外の流しに捨てに行きました。

ビニール袋をぶちまけると、かなり悲惨なことになるので神経をすり減らしました(笑)。

STEP
注意点
カビッシュトレールを使った後にどこからか分からないけど水がしたたり落ちていた

白くまくんの右のカバー裏から水がしたたり落ちていました。
カバーを少し持ち上げると水が溜まっているようでした。

仕方がないので、床にぞうきんを置いて放置することにしました。

1時間ほどで水のしたたりはなくなりました。

まとめ

ポイントと注意点をまとめておきます。

ポイント注意点
カビッシュトレールを使って、エアコンのフィンがだいぶ綺麗になったよ!(エアコンの風も気持ちよく感じます)カビッシュトレールを使うときには部屋の換気をしっかりとしておこう!(臭いが結構キツかったよ!)
ポイントと注意点

梅雨や夏本番、冬本番を迎える前にエアコンはきれいに掃除しておくことをオススメします。
エアコン内から汚れがボロボロ出てくるのは、見ていて気持ちが良かったですよ!以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次