【産後って夫婦の寝室を分ける・分けない問題2020】を追求してみた

Left Caption

母親

子どもが生まれてから夫婦の寝室って分ける?分けない?

上記のお悩みを解決します。

 

本記事の内容

産後の夫婦の寝室を分ける?分けない?問題について書いています。

 

本記事で悩みを解決できる根拠

上の子の2015年は同じ寝室。下の子の2019年は違う寝室。筆者は同室・別室の両方を経験しています。

 
本記事を読んで欲しい人

  • 産後の寝室を分ける?分けない?で悩まれている方
  • これから出産予定の方

 

本記事のメリット

産後の寝室を分ける?分けない?問題の答えが分かります。

それでは、本題に入ります。

ばらもん。です。赤ちゃんが生まれると、それまでの生活からは一変します。
 

産後の夫婦の寝室を分ける・分けないアンケート結果

ツイッターで『産後の夫婦の寝室は分ける?分けない?』アンケートを1週間取りました。
総数6票だけど・・・笑。

結果をブログで発表するというお約束でしたので、発表します。

 

注目!分ける・・・3票
分けない・・・3票

どっちつかずという結果になってしまいました・・・。
ちなみに私が1票投じるとすれば、『分ける』の方です。

理由です。

  • 長男4歳が、次男の夜泣きで起きてしまうから。
  • 妻の精神衛生上、分けたほうが良いとのこと。
  • 別室でも、私は夜泣き対応はできるから?
  • 寝室が狭いから。

寝室が狭いのは物理的にどうにもなりません。

以上、アンケート調査の結果でした。

里帰りする?しない?

 
まず、結論からですが、産後の寝室は、理由がない限り分けない方が良いです。
 
私たちは里帰りする家もないので、長男を出産後に1週間も経たない間におうちに帰ってきました。
 
当たり前のように里帰りしているご家庭がとてもうらやましいです。
私たちは育児を頼る先がありません。その為、市の産後ケア事業や助産師さんたちに助けられました。
 
 
注目!

妻だけ何ヶ月か里帰りをする場合、父性は育たない

新生児期の育児はとてもしんどいです。
昼夜も関係なくなるので睡眠不足になり、体力もどんどん削られていきます。
 
このしんどさを夫婦で是非とも共有してほしいです。
そうすることで父親としての自覚が育ちます。
 
私が疑問に思うことがあります。
里帰り中の夫はなにをしているんですか?週末だけ赤ちゃんのところに通っているんですか?
 
もしひとりで暇をしているのでしたら今すぐベビーベッドを片付けしてください。
 
 
さて今回は、よく話題に挙がる「産後の寝室は分ける?分けない?」これについて書きます。
ちなみに私たちは長男のときは同室、次男が生まれてからは別室です。

産後の寝室は同室?別室?統計をみてみる

 
実際は、皆さんの家庭ではどうしているの?気になったので調べてみました。
夫婦790名を対象にした調査にて、「出産前後で、夫婦形態は変わりましたか?」と質問したところ、以下のとおりの回答となりました。
出産前も出産後も同じ寝室で寝ている:67.5%
出産前は同じ寝室だったが、出産後は別々の寝室で寝ている:20.5%
出産前は違う寝室だったが、出産後は同じ寝室で寝ている:1.6%
出産前も出産後も別々の寝室で寝ている:10.4%
出典元:メオトーク夫婦に、ちょっぴりイイ話!( https://meotalk.jp/life/15052
この統計より、寝室は同室の方が多いことが分かります。
 
注目!

同室が約7割:別室が約3割

この統計を見て面白いことに気が付きました。
 
今までは別室だったけど、産後から同室にした方が100人に1人いらっしゃるということです。
個人的にすごくイイな、と思いますね。夫婦は運命共同体です。

完ミ(混合) Or 完母によっても寝室形態は変わる

完ミ(混合) Or 完母 なのかによっても、寝室を分ける?分けない?は変わります。
 
当然のことながらミルクを作る場合は、お湯を使うのでキッチンが近いほうが便利です。
 
その為、夜間にミルクを作る場合には、キッチンのあるお部屋に夫婦揃ってお布団が敷けるのがベストです。
 
しかしながら、キッチンのあるお部屋の広さはおうちによって様々です。
夫婦揃ってお布団が敷けない場合には、泣く泣く別室ですね。
 
 
豆情報!

完ミの場合は、夜間に夫が代わることができる→かなりのメリット
昼間でも誰かに預けることも可能)
 
完母の場合は、キッチンは必要ありません。
その為、夫婦の布団が敷けるスペースがあれば同室で寝ることができます。

上の子によっても寝室形態は変わる

上の子がいるのかによっても寝室を分ける?分けない?は変わります。
 
注目!

下の子が泣く Or 電気を点ける → 上の子を起こしてしまう

全く起きないという子もいるようですが、私たちの場合は、次男が泣くと長男4歳が起きてしまいます。
ふたりとも泣き始めたら世も末です。
 
その為、私と長男が別室で寝るようになりました。
夜間授乳については、下記の記事に詳しく書いています。
 

新生児期は2~3時間毎に授乳・ミルクが必要

 
赤ちゃんはよく寝るもの、なんてのは幻想です。
実際は全く寝ません。
 
背中スイッチ搭載のため、布団に横にしたら泣きます。ずっと抱っこです。ダイエットになります。私も2ヶ月で5キロ痩せました。
 
職場の同じ年代のお子さんがいる先輩に聞くと、そのお宅は完ミでやっているとのことで夜もぐっすり3時間位は寝てくれるとのこと。
 
私たちの場合は、3時間なんて絶対寝ません。夜間も1時間ごとに起きるなんてこともざらです。
おっぱいの子はミルクの子に比べてすぐに起きやすい為、頻回です。
 
夜間授乳が終わってもぐずって寝ないこともあります。そのときは、妻に休んでもらって私が『ゆらとん』しています。
 
布団に横にすると泣いてしまうので、常に抱っこしています。
深夜のテンションを舐めてはいけません。急にスクワットとかしたくなります。筋トレ筋トレ。
 
 
あまりグズっているようだったらオムツが気持ち悪いかモレている可能性があります。
その場合は、オムツ替えや着替えをするとスッキリ泣き止むことがあります。
 
夜だけはワンサイズ大きめのオムツを付けるとモレるリスクを軽減できます。(明らかにサイズが大きい場合はダメです)
 
夜間の眠くてしんどーいときにモレてると分かったときの悲壮感はハンパありません。
 
着替えをワンセットはすぐ取れるところにセットしておくと良いです。

楽な育児なんて絶対にない

Left Caption

平日は仕事があるからゆっくり寝たいよ
なんて甘えたことは言ってはいけません。
 
妻は不眠不休でしんどい思いをしています。加えて妊娠・出産という大きな仕事もやり遂げているのです。
夫も育児はしんどくて、眠くて当たり前です。父性を育てましょう。
 
このしんどい時期を夫婦で共有するからこそ、夫婦の絆が深まります。これが私の考え方です。以上です。